介護市場事業
バイタルセンサー見守りシステム

バイタルセンサーとは?

バイタルセンサーのセンシング状態

❏このバイタルセンサーは、マイクロ波(24GHz)を使ったドップラーセンサーを応用したセンサーで、センサーより発振されたマイクロ波が、体表に当たり反射した周波数を体表の動きから、センサー内部で呼吸、脈の2種類の数値データ(概算値)を、独自の周波数解析技術で演算、フィルタリングして抽出します。

❏このバイタルセンサーみまもりたい方のバイタル値(体動・呼吸・脈拍)を24時間測定します。(医療機器ではないので、数値は参考値です。)

❏内部で選別した体動、呼吸、脈拍の運動量に閾値を設定することにより、その有る無しを内部で判断し出力します。

❏それぞれのバイタル値が、設定した閾値を下回った場合、予め設定したパソコンやスマートフォンに自動でメール通知します(インターネット経由)。ご本人は何の操作もする必要がありません。

❏3つのバイタル値が全て「0」になった場合は、離床か看取りとして判断できますので、必要な対応を迅速にとることができます。

非接触型なので、高齢者の方が身に着ける必要はありません。 

(部屋の天井部又はベッドのマットの下に設置します。)

❏このセンサーは、水・セメント・金属以外は透過してセンシングします。

❏光学系のセンサーは外乱光による誤動作の可能性や、レンズの汚れが発生してセンシングミスになる可能性がありますが、このセンサーはその心配がありません。

ベッドタイプ(ベッドマットの下に設置します)

ルームタイプ(お部屋の天井に設置します)



IoT端末とは?

IoT端末

 

 

 

❏IoT端末とは、クラウドサービス提供の為に、バイタルセンサーがセンシン グしたデータをクラウドサーバーに伝達・処理をするスマートボックスです。

  主な機能 

   ❏バイタルセンサーのデータ通信/解析/演算 

   ❏クラウドサーバーとの通信   

    ・現状のバイタル値の更新   

    ・警報メールの発信   

    ・通信障害発生時のアラート信号発信   

    ・クラウドサーバアドレス設定機能

   ❏バイタル値のデータ保存(16GBのmicroSDカード内臓)  

   ❏外部インターフェイス  

    ・表示モニター接続の為のHDMI  

    ・キーボードやマウス接続の為のUSB(4式)  

    ・インターネット接続の為のコネクター  

    ・その他センサー接続の為の接点IOコネクタ

バイタルセンサーとIoT端末を使ったみまもりシステムの特徴

バイタルセンサーとIoT端末を使った見守りシステムの特徴

バイタルセンサーとIoT端末を使っての見守りシステム概要

バイタルセンサーとIoT端末を使った見守りシステム概念

在宅介護見守りシステム
バイタルセンサー見守りシステム在宅例
バイタルセンサーとIoT端末を使った見守りシステム施設例
バイタルセンサー見守りシステム サ高住例
バイタルセンサーとIoT端末を使った見守りシステム施設例